屋根の断熱効果で省エネ・経費削減

ケミカルカチオンパック工法 施工情報・よくある質問と回答


施工工程 1: スレート屋根

屋根材の点検・調査


  1. スレートの点検を行い、ヘアークラックより大きな割れがある場合はスレートを交換します。ヘアークラック程度の割れは、ケミカルカチオン・ルーフテープで補修します。
  2. スレートが古くなると、スレートを留めているフックボルトが緩んでいますから、フックボルトの締付けを行います。腐食がひどく、締付けができない場合は、新たにフックボルトを取り付けます。
着工前
着工前
ルーフテープ補修
ルーフテープ補修
スレート取替
スレート取替

施工工程 2: スレート屋根

スレートの清掃


  1. スレート表面のホコリ、コケ等を取り除きます。
ケレン・清掃
ケレン・清掃

施工工程 3: スレート屋根

ケミカル浸透プライマーの吹付(プライマー工法)


  1. ケミカル浸透プライマーを刷毛・ローラーで塗布、もしくはスプレーで吹き付けます。 (0.4kg/㎡)

  • 外気温度5°C以上で施工してください。
  • 躯体が濡れている場合は、十分に乾燥させてから施工してください。
  • 下地の吸い込みが小さく、所定量を塗装するのに塗り重ねが必要な場合は、10~20分間の間隔を置いて塗り重ねてください。

※ 浸透プライマーを吹き付けることで脆弱層を強化(固化)します。

浸透プライマー吹付
浸透プライマー吹付

施工工程 4: スレート屋根

ケミカルカチオンの吹付


  1. ケミカルカチオンを圧送式吹付機で吹き付けます。 (リシンガンでも吹付可)
  2. 吹付は1~2度吹で約0.7mm厚とします。(1.5kg/㎡)
  3. ケミカルカチオンの2回目の吹付は、1回目吹付の塗膜が十分に乾燥してから行います。

注) ケミカルカチオンは水性ですので、0°C以下の気温での施工は避けてください。また、塗膜が乾燥しないうちに雨に当たると流されます。降雨が予想されるときは、施工を避けてください。

ケミカルカチオン吹付
ケミカルカチオン吹付

施工工程 5: スレート屋根

仕上カラー塗装


  1. 仕上カラー塗装にはケミカルパックMS60を使用し、エアレススプレー等で2回塗り重ねます。(0.4kg/㎡)
  2. ケミカルパックMS60の塗装間隔は1時間以上です。

ケミカルパックMS60

  • 変成アクリル樹脂塗料で耐候性、耐久性、耐薬品性等に優れた塗料です。
  • 希釈にはMS60専用シンナー(希釈材B)を使用します。
  • エアレススプレー使用の際の希釈率は10~20%です。
仕上カラー塗装
仕上カラー塗装
フックボトルキャップ取付
フックボトルキャップ取付
完了
完了

標準施工工程・安全対策

標準施工工程


* 下地の状況により使用量が変わります。
材料回数標準使用量
ケミカル浸透プライマー
(プライマー工法のみ)
1~20.35kg~0.4kg/㎡*
ケミカルカチオン1~21.5kg/㎡
ケミカルパックMS6010.4kg/㎡

施工中の安全対策


安全対策
安全対策: 専用三脚+ワイヤー

当社では、転落事故の防止のため、独自開発の転落防止装置(特許申請中)を作業者に装着の上、作業を実施しております。手順書(pdf)